2008年12月18日

現場取材「仁寺洞スキャンダル」(仮題)、“火花散る頭脳の戦いが始まる”

[staff]…監督パクヒゴン 撮影チェサンホ 照明イマンギュ 美術イフギョン
[cast]…イガンジュン/キムレウォン ペテジン/オムジョンファ クォンマダム/イムハリョン チェハギョン/ホンスヒョン

htm_20081218175604020000020302-001.jpg

"僕が紙でも一枚持っていれば、作業している雰囲気がでるんじゃないでしょうか?"

ちょうど撮影が始まろうとする頃<主演俳優キムレウォンが口を割った。キャラクターの完成度の為に、自ら何種類かの設定を提案したこと。監督以下スタッフたちの同意の下に、キムレウォンに小物が伝達された。釜山総合撮影所セットで成り立ったこの日の現場では、ギャラリー‘ビムン’復元室で天才復元家イガンジュンと美術界の大手ペテジンが会う場面が演出された。全55回の撮影日程中、20回目が進行される日だった。

イガンジュンは映画の中の主要モチーフになる「ビョクアンド」の復元を引き受け、巨大事件を主導する人物だ。キムレウォンは天才復元家役の為、国立現代美術館の作品保存修復チーム韓国画担当チャビョングガブ先生に直接個人指導を受け、専門家の雰囲気を演出し出している。ペテジン役のオムジョンファは、中性的でカリスマ溢れるキャラクターの為に、濃い化粧で既存の姿を覆ってしまった。

各空間の特性をよくいかし出したセット内に、小物一つまで一つ一つ監督のチェックを経て配置された。数百億台の美術品を取り囲んで起る犯罪スリラーであるだけに、一番興味を刺激する場面の中の一つはやっぱり美術品複製シーンだ。ディテールあるように描写された場面の数々は同時に手に汗を握るようにするスリル感をプレゼントする。総制作コスト55億ウォンに達する緻密な頭脳ゲーム「仁寺洞スキャンダル」は、来年 2月に撮影を終えて上半期に封切りする予定だ。

チョンジウォン記者

[movieweek]2008-12-18

2009-03-08 19:38:58up
posted by rika1999 at 19:38| ■映画「仁寺洞スキャンダル」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

‘絵画三昧境’のキムレウォン、“絵画に狂っている..演技に狂っている”

200812171523131003_1g.jpg
天才美術品の復元家に変身した俳優キムレウォンが、絵画三昧境に陥った。

映画「仁寺洞スキャンダル」(監督パクヒゴン)を通じてスクリーン復帰を控えているキムレウォンは、劇中、パリ第3大学初の東洋人天才復元家イガンジュンに扮して演技変身を試みた。

最近、自身のミニホームページに「映画に狂っている、絵画に狂っている、イガンジュンに狂っている、演技に狂っている。」と告白したキムレウォンは、「仁寺洞スキャンダル」を通じて俳優としてもう一度成長するという覚悟だ。

前作のSBS「食客」で料理人ソンチャンに扮する為に、撮影3ヶ月前から料理学院に通う熱情を見せたキムレウォンは、今回もやっぱり撮影前から絵画、及び復元演習に追い込みをかけている。

一週間に二度ずつ自ら要望して水墨画授業を受けているキムレウォンは、現在相当な絵画の腕前を誇っている。特に幼い時、美術塾を運営するお母さんの影響で美術に関心が高かったキムレウォンは、今回の映画を通じて東洋画の魅力にすっかりハマり、撮影がない日にも蘭を描くなど絵に沒入しているという裏話だ。

また、国立現代美術館作品保存修復チーム韓国画担当チャビョンガブ氏と共に、実際の作品復元作業にも参加するなど、美術品復元に関する特別授業を受けているという。キムレウォンは一度する度に4時間ずつ集中して演習に沒頭するなど、特別な熱情を見せていることと伝わった。

「仁寺洞スキャンダル」は絵画複製と復元の過程をリアリティーあるように追跡しながら開かれる陰謀と反転を描いた映画で、2009年初めに封切り予定だ。

パクセヨン記者 psyon@newsen.com

[NEWSEN]2008-12-17 15:36:18

2009-03-08 19:20:09up
posted by rika1999 at 15:36| ■映画「仁寺洞スキャンダル」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

キムレウォン-オムジョンファの「仁寺洞スキャンダル」、10日仁川でクランクイン

8bm77122_1.jpg
俳優キムレウォン、オムジョンファ主演の映画「仁寺洞スキャンダル」(監督パクヒゴン、制作/サムジ・アイビジョン映像事業団ヤング)が本格的に撮影をスタートした。

去る10日、仁川沿岸埠頭近海沿でキムレウォン・オムジョンファ主演の「仁寺洞スキャンダル」の初撮影がスタートした。

キムレウォンは純粋で元気なイメージで大衆に認識されて来たが、「仁寺洞スキャンダル」では美術品を取り囲んだ、前代未聞の犯罪事件の中心に立っている大韓民国最高の復元専門家イガンジュン役を引き受け、新しい姿を披露する。女性主人公オムジョンファは劇中、デビュー以後初めての悪役を引き受け、ショートカットとスモーキーメーキャップをほどこし、理知的ながらも同時にカリスマ溢れる姿を現わした。

オムジョンファは「韓国映画では見られなかった美術品を取り囲んだ犯罪詐欺劇という新しい素材の映画を見られるでしょう。」と期待感を持つようにした。キムレウォンもやっぱり「初出発がかなり感じが良い。国内最高の天才的な復元専門家イガンジュンという役を引き受けたが、映画の中でこれまで見つけることができなかった私の多様な姿を見つけるようになるでしょう。」とキャラクターと演技に対する自信感を仄めかした。

「仁寺洞スキャンダル」は絵画復元と複製を素材に、巨大な詐欺と反転のドラマを描く予定だ。

イヒジン朝鮮ドットコム ETチーム記者 scblog.chosun.com/jin282

[スポーツ朝鮮]2008-11-12 16:23

2009-03-05 15:36:36up
posted by rika1999 at 16:23| ■映画「仁寺洞スキャンダル」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

キムレウォン、映画界不況の中、身の代金低めて話題

キムレウォンが不況から脱することができない映画界で、自身の身の代金を低めて話題になっている。

キムレウォンは去る9月に終映したSBSドラマ「食客」後、身の代金が高くなったものの、最近、映画「仁寺洞スキャンダル」に出演してギャランティーを減らし、制作コストに加えるようにした。
映画関係者は「映画界の難しい状況を思い、身の代金よりは映画の完成度を高めることに力を注いでいる。」と明らかにした。キムレウォンのこのような努力に、制作陣は映画興行結果によるランニングギャランティーを支給する計画だ。

「仁寺洞スキャンダル」は朝鮮時代の画家アンギョンが残した絵‘碧眼道’を取り囲んで起きる話で、絵画複製と復元過程を生き生きと扱う。

キムレウォンは劇中、絵画復元専門家イガンジュン役を引き受け、オムジョンファと呼吸を合わせる。

「仁寺洞スキャンダル」は、イガンジュン役のキムレウォンとギャラリービジネスの大客ペテジン役のオムジョンファに引き続き、最近、キムジョンテ、マドンソク、オジョンセ、チェソンヒョンら助演キャスティングを定めた。

ファンボヒョン記者 hbh@asiatoday.co.kr

[asiatoday]2008-11-02 13:47

2009-02-28 11:39:39up
posted by rika1999 at 13:47| ■映画「仁寺洞スキャンダル」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

映画「仁寺洞スキャンダル」主演にキムレウォンをキャスティング!

「食客」のキムレウォン、「仁寺洞スキャンダル」でスクリーン復帰決定!
20080919ba004.jpg
ドラマ「食客」の‘ソンチャン’役で高い人気を集めた事がある俳優キムレウォンが、いよいよスクリーンに復帰する!彼の選択した作品は、韓国映画で初めて試みられる美術品復元と複製、そして私たちが知らなかった美術界の裏面の多様な姿を、実感の出るように描き出す映画「仁寺洞スキャンダル」だ。

彼のもう一つの挑戦が始まる!
キムレウォン、魅力的な美術品復元専門家として新しく誕生する!


キムレウォンは去る2006年、絶望の中から美しい希望を語った映画「ひまわり」を通じて絶頂の演技力を繰り広げて見せ、観客たちに大きな愛を受けた事があり、そんな彼の演技力に負い、映画も相変らずたくさんの人々に‘また見たい映画’として記憶されている。

最近では20%を上回る視聴率を誇り、月火ドラマの最強者で位置付けした後に終映したSBSドラマ「食客」を通じて、最高の全盛期を謳歌している彼が、今度はスクリーンでまた帰って来て、韓国映画初で美術品復元専門家役に挑戦する。彼が次期作で選択した映画「仁寺洞スキャンダル」でキムレウォンは、大韓民国最高の美術品復元技術を持った復元専門家‘イガンジュン’に扮して、冷徹ながらも知的な魅力を披露する予定だ。

特に「ひまわり」の制作社と、再び手を取り合ってスクリーンに復帰するキムレウォンは、国内初で試みられる美術品復元専門家という専門職に新しく挑戦することに、既に浮き立っている。
「いつも新しいキャラクターを通じて、特別な職業を演じることが出来るということは、俳優に神様が下さった祝福だと思う。イガンジュンという人物は、キャラクターの感情が平面的ではなくて魅力的だったし、美術品復元専門家という職業も私には特別だった。」と話して、作品選択の理由を明らかにしている彼を通じて、観客たちは既存の韓国映画のキャラクターからは見つけることが出来なかった新しい姿と魅力を、一遍に接することが出来ることと予想される。

韓国映画初に扱われる美術品を取り囲んだ陰謀と反転の数々!
多様で派手な見どころを誇るようになる映画「仁寺洞スキャンダル」


映画「仁寺洞スキャンダル」は韓国映画初で、美術品を取り囲んだ復元と複製の過程などをリアリティーあるように描き出す予定で、一般人たちは全然知らなかった美術界の裏面の驚くべきな話が加勢、楽しさを加えるようになるだろう。朝鮮時代画家‘安堅(アンギョン)’の隠された名画‘ビョクアンド’をおいてする美術界の複雑な利害関係の中に、大韓民国最高の復元専門家‘イガンジュン’が跳び込みながら起るようになる、相次いで起こる陰謀と反転を描くようになる映画「仁寺洞スキャンダル」は、完成度の高いストーリーラインと美術界の個性ある多様なキャラクターが結合して、韓国映画初で美術界の現実を専門性とリアリティーに根拠して描き出す予定で、多様で派手な見どころを期待する国内観客たちには最高の贈り物になるように見える。

生きている演技力で勝負して来たキムレウォンの新しい挑戦と韓国映画では初めて試みられる美術品復元に関する、独特ながらも面白い素材で、2008年に沈んだ韓国映画界に新しい活力を吹き入れる映画「仁寺洞スキャンダル」は、来る10月にクランクイン予定だ。


チャヨンファン記者

[cnbnews]2008-09-17 01:05:06
posted by rika1999 at 20:29| ■映画「仁寺洞スキャンダル」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。